ホーム(PC)      ホーム(モバイル)




     NPO法人「不登校情報センター」への支援依頼の顛末                                 創作同人「むすかりん」 チャレンジキャロット 斯波盤宝 秋本不二緒

 創作同人「むすかりん」は2010年、それぞれの作品が発表の場をNPO法人不登校情報センター(以下センターと略)に求めたことがきっかけで結成されました。
 以下に述べるような経緯があったため、現在はセンターとは無関係にそれぞれの作品の創作、発表をしております。

 チャレンジキャロット
 不登校情報センターの作品展示会「片隅にいる私たちの想造展」への参加募集にこたえ、ペーパービーズ作品を送った。
 当初から作者はその作品の販売を希望しない旨はっきりと伝えておいたにもかかわらず、センターはネットショップ「あゆみ雑貨」に掲載。
 数回にわたる削除の申し入れに対し、理事長の「それでは売らないことにします」との返事をもらう。
 3年目になって作品のほとんどは回収したが、残りの作品については、去る2月8日に松田センター理事長より
「こちらには1点もありません。販売分は計算してから支払います」と回答あり。
 しかし、約束を破ったことに対する謝罪はなく、ネットショップ上からは作者が直接サーバーに依頼し削除。
 また、センターは作者が自力で開設したHPを、当初センターの制作によるものとネット上で紹介し、作者の抗議を受け削除した。

 斯波盤宝
 不登校情報センターが会報「ひきコミ」に掲載する文章を募集していたため作品を送り、センターからは採用の返事を受け取った。
 しかし企画は作者の知らぬ間に「冊子としての出版、作品展示会やネットショップでの販売」に変更。
 事前に版権契約は結ばず、発行部数や価格設定についての報告もなし。
 もともと販売を希望していなかったこともあり、作者は、実売部数の作者への報告と
「この作品の売り上げは不登校情報センターの活動に役立てられます」という文章の掲載を条件に、 売り上げの全額提供を申し出るが、センターからは無回答。報告も掲載もなし。
 しかし約4年後、去る2月7日の問い合わせに対し、松田センター理事長より「"売り上げはいらない、カンパします"と言われたように思っていました」
「創作展の場で何点かは売れています。何が何点売れたのかの記録確認に手間取るはずです」
との回答を受ける。

 秋本不二緒
 掲載文の募集に応じ「ひきコミ」に研究レポートを投稿。三回に分け連載される予定だったが、1回目の誌面にミスがあったことを理由に、レポートは別刷りとして次号の付録とすることに変更する旨「ひきコミ」に掲載された。同時に作者(定期購読していない)にも一部送ると理事長は約束した。
 一年以上たって待ちかねた作者が理事長に尋ねると「あれは放置した状態です」との返事。
 なぜ約束が果たされなかったことに対する読者や作者への報告や謝罪がなかったのかを尋ねると、理事長の回答は「作ったのは読者の分だけで、作者の分は忘れた」と前回と全く矛盾したものに変化。

 その他、創作支援活動を行っているのが、実は作者と同じ立場の「センター利用者」であるにも関らず、その事実を隠して「センターのスタッフ以外の者には個人情報や著作物を開示しない」という契約を結んだり、「作品の売り上げが千円以上にならなければ作者取り分は送付しない」という規則についての説明が、販売の前には全くなされないなどの点から、当同人は、 残念ながらセンターの活動は、とうてい信頼に足るものとはいえず、このような団体に関われば、こちらの作者としての見識までもが疑われかねない、と判断しました。
 そこで当同人は去る2月7日より、センターのHP内にある上記の作品、作者に関する情報のうち、現在の状況、作者の心境と違いすぎるもの、 事実と異なるもの、作者の許可を受けていないものについての訂正と削除を要求していましたが、1週間後の現在も一部の情報は削除されておりません。

 当同人は、創作支援というのは収入と短絡させない限りにおいて有意義な活動であると考え、そのような活動を展開するセンターの今後に対して期待を寄せるものですが、 自浄能力に乏しい現在のセンターの支援の下で、今後、失意と人間不信のうちに無為の生活に戻る人たちを出さないために、また、当同人の創作活動に対する皆様の誤解を末然に防がせて頂くために、 この場をお借りしてあえて上記の事実をご紹介することにしました。
 なお、このページの内容については事実誤認がないことを松田理事長に確認頂き、2月8日に次のような回答を頂いております(該当部分を抜粋)。

「不登校情報センターの体制はほぼあなたが感じ、指摘する状況です。
 私からは載せてほしいとも載せてほしくないということもしません。
完全ではないと自覚している者として、ある事実を指しているのでしょうからどちらでもかまわないのです。
 不登校情報センターはいろいろと不十分・不備の多いところです。それは自覚していますが、それでも忙しいのでさしたる役割のないところは省略、というか手が届きません。
あなたが不満足に感じるのはそれに関係しています。精密さを求めそれを追求できる状態ではないと理解してください。
創作活動をする人にその作品を発表する場をつくり、そのあと作品の商品化と実質的に売れる場を求めてきました。
ようやく少し手がかりがつかめる地点に近づいた気がします。不備は承知ですので、あれこれ言われるのはやむをえません。
何もしなければ誰からも何も言われないのですから、言われているうちが華でしょう。」


2014年2月15日更新




     追記予告

 当同人が「不登校情報センターへの支援依頼の顛末」を作成してから約3カ月が経ちました。
 当サイトは不登校情報センター(以下センターと略)に対して何ら支障となる内容のものではないという松田理事長の意向も確認し、また、現在のセンターの方針、能力とは適合しない支援の依頼をあらかじめ防ぐ効果があるという点ではセンターにとってもメリットとなる可能性も考慮し、当同人は現在まで当ページを削除せずにおきました。
 また、当ページが他のウェブサイトやウィキペディアにまで引用して頂いたことも考えると、センターの支援を巡るトラブルの根本原因の解決を見通せない現時点で安易に削除するのも適切な処置とは思えませんでした。
 しかし、トラブルについてセンターのサイトを通じての説明が依然なされないこともあり、現在のままでは、センターに対する正しい理解が進まない一方、好ましくない印象ばかりがセンターに関心を持つ方の間に広がる恐れがあります。
 当同人は、「創作活動の支援」というユニークかつ有意義な活動に賛同し、センターの存続と活動の発展に期待を寄せておりますので、この際、当ページへのアクセスを活かし、建設的な情報を新たに加えて、センターにも貢献できるページにしたいと考えました。
 そこで僭越ですが、センターからの自発的な説明に替わって、当同人による松田理事長へのメールによるインタビューを当ページの新しい記事にすることにより、関心をお持ちの皆様にセンターの活動方針、実情への理解を深めて頂こうと考え、松田理事長にその旨をお伝えし、去る5月2717日には快諾のお返事を頂きました。  松田理事長にはすでに質問をお送りしましたが、センターの多忙、及び当同人の不慣れにより、新記事の作成には、かなりの時間がかかることが予想されます。
 場合によっては質問や回答の具体的な内容をお伝えできない可能性もありますが、その場合、9月にはそれらを踏まえた内容のなんらかの記事を当ページに追加する予定です。



2014年6月9日




     追記

 当同人が上の「追記予告」を掲載し、また同時に不登校情報センター(以下センターと略)に関する質問を松田理事長にお送りしてから、約3カ月が経ちました。
 しかし現在のところ、松田理事長からは質問への回答も、回答を頂けない理由についての説明も、頂いておりません。
 したがって以下の記述が、限られた情報に基づき、主観や想像を交えた一方的なものに止まってしまうのは、残念ではありますが、新しい記事の追加は既に予告したことでもあり、あくまで当同人の視点からセンターの現状について思うところを述べさせて頂きます。

 当サイトでは、センターによる創作物発表への支援を受ける過程で経験した主なトラブルについて客観的、具体的事実にしぼってご紹介し、その内容は松田理事長にも事実と認めて頂きましたが、当同人は、 このようなセンターの状況は、他の分野はともかく創作支援活動という面について見る限り「常識的感覚では理解できない、もはや放置しておけない水準」にまで劣化していると感じ、その原因について次のように推測しました。

■松田理事長の性格、感覚的な要因
 著書やセンターのHPの記事を読めば解る通り、不登校、引きこもりへの理解や対応については、支援者として信頼するに足る見識の持ち主である松田理事長ですが、 一方で自身の対人関係(あるいは遠隔地の利用者との関係)において、了解 、不承認、感謝、謝罪の意志表示、契約条件や説明責任の履行という面については苦手なためか、 極力回避、省略しているのではないか、 また著作権や文責というものに対する認識に、常識的感覚とずれたところがあるため、上記のトラブルにつながったのではないかという可能性が考えられます。
(しかし当同人はこの点をもって即松田理事長を支援者不適格と断定する訳ではありません)

■松田理事長の多忙、
 支援活動のあまりに多くの部分を、松田理事長がみずから引き受けているために、遠隔利用者との意志疎通、事務連絡などの部分は、 誤った記憶による事実と異なる説明や、誤解や反感を招く発言、態度など、問題点の多いものにならざるを得ない、という可能性が考えられます。

■松田理事長以外の人物による要因
 次に述べる「人事方針に対する疑問」に関連して、一応ここに含めました。

 いずれにせよ支援能力以前に、人間関係処理能力の向上による利用者との信頼関係の回復こそが、遠隔地の当事者を対象とした支援活動を目指す上でセンターが優先的に取り組むべき課題ではないかと当同人には感じられました。
 またセンターの「理事やスタッフを外部から雇わず、通所する利用者に支援活動を任せる」という人事方針も、次のような形で活動の劣化や利用者数の低下につながっているのではないかという疑問が湧きました。 ちなみに当同人代表が、センターに支援をお願いしている間、理事長を介さない作者と担当者による直接の打ち合わせは一切認めて頂けませんでした。

■不公平感
 同じ「不登校、引きこもりの当事者」という立場の「支援者」に、一方的に個人情報や著作物を開示し、支援をお願いすることに反発を感じる人も少なくないと思われます。

■「支援者」の能力に対する不安
 松田理事長の「完璧を求めず、できることをする」という理念の下で、活動の実態としては「できないこと」にまで着手しているため、 当同人の経験したような、文章の誤入力や作品の紛失、文通当事者の取り違えによる手紙の誤配といったトラブルが頻発する恐れがあります。

■正体がわからない「支援者」に対する不安
 センターには、興味本位で、あるいは悪意や利己的な動機を持って訪れる人物を支援活動から排除する能力が十分に具わっていない恐れがあります。
 (当同人代表は15年前センターが主催する集会に参加した際「ひきコミ編集部は見学させて頂けますか?」と尋ね、松田理事長より「見学は受け付けません。即参加してもらいます」との返事を頂き、辞退したことがある。 ちなみにセンターへの入室に身分証明や個人情報の提示は必要なく、ドアチャイムを鳴らしただけで集会への参加は許可された)

■「支援者」の活動意欲に対する不安
 外出、人間関係、「義務としての労働」のない状態から脱け出すことが目的でセンターに通所している人が「支援者」となった場合、 それらによるストレスが増加することを恐れ、支援活動をその人の目的に十分な程度のものにとどめてしまう可能性があります。

■現役引きこもり当事者へのルサンチマンを抱く「支援者」に対する不安
 社会復帰に踏み出した一部の引きこもり経験者は、自からを「負うべき責任を負っている者」と捉える一方、現役引きこもり当事者に対しては「責任を放擲した者」と捉え、義憤と羨望の入り混じったような感情を持つことが考えられます。
 もしこのような引きこもり経験者が「支援者」となった場合、この感情と「引きこもった状態のまま創作活動を行う当事者がいるからこそ、それを支援する自分が『責任を負った者』でいられる」という事実との間の矛盾した立場に置かれたことによる葛藤から、例えば、特定の人物にその感情の対象を「転位」し、その個人への支援を拒否するなどの形で、支援活動の公正さを損なう可能性が考えられます。

■「自己愛修復願望」を動機とする「支援者」に対する不安
 弱者を支援する団体が支援スタッフを募集すると、ある種の「弱者」が多数応募するという傾向が、精神科医などにより指摘されています。
 このような「弱者」すなわち、「危機に瀕した自己肯定感を修復したい」という自覚なきエゴイズムを動機として支援活動を志望する 人の場合、自分より無力な人物を求めて支援の対象を選り好みする、支援対象に対して過度にパターナリスティックに振る舞う、自己愛さえ満たされれば活動への意欲を失ってしまう、などといった活動ぶりで、やはり支援活動に質の低下をもたらす可能性が考えられます。

 以上はあくまでも可能性として指摘させて頂いたものであり、センターの現状とそのまま重なるわけではありませんが、現在の活動方針がこのような危険性を孕んでおり、それを回避するための、あるいはそれに対する利用者の不安を払拭するための何らかの対策をセンターが取って(明示して)いるという事実は、現在のところ確認できません。

 また、これに関連したセンターの運営に対する疑問として

■もしも訪問活動や通所利用者向けの支援(情報提供などの事務作業など)をこなすだけでほぼ能力の限界に達しているのであれば、なぜその上さらに遠隔利用者に向けた新しい活動(ことに創作支援、文通など上記のような問題が派生するもの)に着手するのか

■それらが可能となる能力を持たないまま実行に移されることに、内部から反対の声は出ないのか

などがあります。

 以上のさまざまな問題を踏まえた総合的な解決策として「専門的な知識、技術、資格を持ち、なおかつ適性を判断したいという利用者の要求に応えて、ある程度の個人情報を開示し、責任感や意欲を表明することのできるスタッフや、センターの方針を健全な方向へと軌道修正できる理事会員を新たに迎え入れることにより、松田理事長や支援担当者の負担を減らすこと」が有効ではないかと当同人は考えました。

 スタッフに関しては、3年前、当同人代表から松田理事長に電話で「なぜ雇わないのか」を伺う機会があったのですが、その理由は
松田理事長 「今のが僕のやりたい活動のスタイルなんですよね。それにウチにはそんな人を雇う経済的な余裕はありませんから」
同人代表   「プロボノをお願いしてはいかがですか? 社会貢献事業として企業や団体から派遣される専門家が無報酬でサポートしてくれるようですが」
松田理事長 「あまり几帳面な人はウチには合いません。そういう人に『何をすればいいですか?』って聞かれても、ウチはゴチャゴチャしていて、何をどうしてもらえばいいのか僕にも解りませんから。ウチは昔からゴチャゴチャです。だから今までやって来れた。これからも変えるつもりはありません」
というものでした。(通話中のメモより再構成)

 しかしパソコン抜きでは活動が成立しないと思われる現在のセンターで、理事長に代ってパソコンの操作をする担当者が、センターの方針とは異なる基準の下に支援対象を選別しているという状況は、もはや放置できるものとは思えません。
(以下は同人代表がセンターに電話をかけて 工作キットのネット通販のアイデアを示し、パソコンを使った支援をお願いできるかどうか相談に乗って頂いた際、松田理事長との間に交された会話。
松田理事長 「そういう金もうけには協力したくないという意見も出ています」
同人代表   「引きこもり当事者の収入につながる活動を支援するのがセンターの目標ではないのですか?」
松田理事長 「それはこちらでももう何度も話し合ったことですが、結論は同じです。たとえセンターの目標であってもパソコンの担当者が『興味がない、自信がない』と言えば、それ以上強制しないのがウチの方針です」
通話中のメモより再構成。ただし、パソコン担当者の意見はあくまで松田理事長からの伝聞。なお、松田理事長とは連絡がとれないため、電話での発言そのものや現在の方針、状況については事実確認が取れず。)

  収入を求める個人営業的なものや文通ボランティアをはじめ、現在センターで行なわれている活動の多くは、 「活動している人が支援者なのか、被支援者なのか」という点が曖昧に感じられますが、 センターにおいて健全な支援活動が実態として成立しているのか否かの判断を可能にするためには、その点を明確にして頂く必要もあるのではないかと思われます。
 当同人は決して当事者同士の相互扶助を否定するものではありませんが、上記のようなトラブルが頻発すると、 センターが結果としては、遠隔利用者の犠牲の上にしか、通所利用者による(あるいは通所利用者に対する)『支援活動』が成立し得ない不公正な活動方針にあえて固執していることが、その原因なのではないかという疑念もぬぐいきれなくなります。

 以上、センターの活動に対する当同人の見解と印象を述べました。当ページの内容はセンターに対し批判的な色彩の強いものとなりましたが、当ページは決して私憤を動機にセンターの活動を妨害するものではありません。
 不登校情報センターという貴重な活動の場が現在まで維持されてきたのは、 ひとえに不登校、引きこもり問題への実体験に基づく稀有な理解者である松田理事長の情熱、発想、行動力であることに対し、当同人は多大な敬意を払っています。
 当ページが指摘したさまざまなリスクを承知の上で、松田理事長が現在の方針をあえて貫くのであれば、それも一つの信念に基いた選択として当同人は尊重します。ただしそのリスクは当然、利用者にも認識されていなければなりません。松田理事長もその点に異論はないものと思います。
 残念ながら現在センターが発信する情報からは、その理念や実態が十分に伝わっているとは言えず、このままでは頻発するトラブルによって、 センターに対して怨念を持つ利用者や、不信感を持つ利用希望者が新たに発生し、センターが活動停止の危機に瀕する恐れもあります。
 感情的に振る舞いプレッシャーをかける、考え方を押しつける、暴力を振るう等、当事者に対して悪質な支援活動を行なう団体も存在する中で、 不登校情報センターという、十分な支援体制は整わないにせよ、少くとも良心と活動意欲は具えた理事長による団体がなくなることは、不登校、引きこもり関係者にとって大きな損失であると思われます。 当同人は、結果的にはそのような事態をあらかじめ防ぐための貢献になると信じ、当ページの掲載を決意しました。

 当ページ掲載予定のインタビュー記事に関しては、5月17日に松田理事長から「お返事はすぐにできる自信はありませんが、いつかはお送りできるはずです」という返事を頂いておりますので、当同人は現在も回答を待機中ですが、今後何らかの事情により松田理事長との連絡がつかない、あるいは回答が頂けない場合に備え、当同人の希望を述べさせて頂きます。

 当同人はメンバーの年齢からも、今後センターの支援の下で創作活動を行うことはありませんが、 今後センターの利用を検討される方には「利用者がいなければ支援団体も成立しない」という意味において支援者と対等な立場から、 センターに対して要望や提案を遠慮なく表明して頂きたいと思います。
 当ページをはじめネット上のセンターに対する批判の声を風評と一概に片づけてしまうことは、やはり当事者の 敬遠と泣き寝入りを増加させ、かえって不登校・引きこもり当事者の希望のよりどころでもあるセンターの活動を停止に追い込むことにつながりかねません。
 むしろそれらの声をご参考にセンターの実態について何を知るべきかをご判断の上、不明な点についてはセンターに問い合わせ、その方針に納得の上でご利用頂き、 その結果知り得た情報を、センターの活動に関心をお持ちの方々と何らかの方法で広く共有して頂ければと思います。
 またセンターには、不登校・引きこもり支援団体に相応しいコミュニケーション能力と、利用者の声に耳を傾け活動方針を見直す柔軟性を、ぜひ発揮して頂きたいと思います。

 以上は、不登校情報センターの支援に「生きる手段」ではなく「生きる動機」を、かつて発見させて頂いた者の、心からの訴えでもあります。

2014年9月1日



当サイトの内容をコピー・転載して下さる際は、引用である旨の明記を何卒よろしくお願いいたします。






inserted by FC2 system